So-net無料ブログ作成
検索選択

[マリノス]vs京都サンガ [横浜F・マリノス]

Jリーグディビジョン1 第9節 (西京極総合運動公園球技場)
2009年5月5日(土) 14:04キックオフ

京都サンガ
21前半00
横浜F・マリノス
1後半0
5分 パウリーニョ
62分 ディエゴ
得点 



ホーム2連勝で迎えたGW第4戦目はアウェーで京都サンガと対戦、悔しい悔しい敗戦となりました。

前節で破壊力抜群のチームと激闘を繰り広げた疲れが残ってしまったのか、中2日でのアウェー遠征は非常に厳しい戦いとなってしまったようです。
もちろん、プロである以上は疲れを理由にしてはいけないと思いますが、やはり連戦の影響は大きかったと思います。特に経験が浅い若手中心のチームでは、こういった苦しい状況での戦い方などはなかなか浸透できていないと思われます。また、対戦相手は連敗中のホームということもあり、気迫の差が出てしまったのかもしれません。
疲労が蓄積し、レギュラークラスのメンバーが何人も怪我で離脱している状況の中で、いかにミスの連鎖を防ぎ、肩のチカラを抜いて試合を組み立てていくか、色々な課題が見えた試合でもあったと思います。

とはいえ、色々な意見があるとは思いますが、シロウト目から見るとそんなに悪い内容でもなかったと思います。前半は早い時間帯にカウンターで失点してしまい、ハードプレスを掛けられてミスする場面が多く、何とか1失点で済んだ、という感じでした。これにはGK飯倉選手のファインセーブが大きかったと思います。後半立ち上がりはメンバーチェンジの功もあってか良いカタチを作ることができ、何度かチャンスの場面がありました。1点ビハインドで前掛かりになっていたのだから、2失点目は仕方が無いかなぁとも思います。とにかく相手のブラジル人プレーヤーが凄かったですね。
今節は色々な意味で良い経験をしたと思います。この敗戦で得た課題をキッチリ克服することができれば、もっともっと強くなれると思います。

さてさて、次節はGW5連戦の最終戦、アウェーで大分トリニータと対戦です。中3日と厳しい日程ですが、とにかく気持ちを切り替えて、今節で浮かび上がった課題を克服することができれば、勝利の女神は必ずや横浜の若き船乗りたちに微笑んでくれると思います。下を向かずにガンガンいきましょう!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。