So-net無料ブログ作成
検索選択

[マリノス]vs大分トリニータ [横浜F・マリノス]

ヤマザキナビスコカップ 予選第3節 (日産スタジアム)
2009年5月30日(土) 15:00キックオフ

横浜F・マリノス
31前半03
大分トリニータ
2後半3
29分 山瀬功治
54分 山瀬功治
89分 松田直樹
得点59分 小手川宏基
81分 前田俊介
84分 前田俊介



DSCF6768_2.jpg
マリノスゴール裏。盛り上がっています。

DSCF6776.jpg
こちらはトリニータ側。低迷するチームを鼓舞しようと、遠方からやってきたサポーターも多いと思われます。
かなりの声量でした。

DSCF6764.jpg
さぁ、ホームで勝利を!!

DSCF6768.jpg
約8000人が曇天の三ツ沢に観戦に訪れました。

DSCF6779.jpg
前半開始時の円陣。

DSCF6799.jpg
2ゴールと大活躍の山瀬功治選手。
おや?スパイクの色が青に変わっていますね。

DSCF6791.jpg
見事な先制ゴールをあげ、祝福される山瀬功治選手。


PKを決める山瀬功治選手。

DSCF6798.jpg
フリーキックを蹴る狩野選手。

DSCF6805.jpg
ハーフタイムにはこんなゲーフラが。すげー!!

最近のハーフタイムでは、新しく作られたチャントの原曲が流れてますね。
前回の日産スタジアムの広島戦では、最近サポーター達が歌う「横浜 横浜 ただ勝利だけを信じ~」の原曲「銀杏BOYZ BABY BABY」が流れていました。
そして、今節の三ツ沢では狩野選手のチャントの原曲「Hi-Standard STAY GOLD」が流れていました。
マリノスのフロントはなかなか粋な演出をしますね。

DSCF6803.jpg
後半開始時の円陣。

DSCF6823.jpg
2点先制するも、逆転され、最後に同点。その試合展開のためか、ブーイングを受けています。

DSCF6827.jpg
表情には悔しさが滲み出しています。

DSCF6831.jpg
いつしかブーイングは歓声に変わりました。
さぁ、気持ちを切り替えて次は勝利だ!!


予選第3節でグループ2位と好位置につけたマリノスはホームで大分トリニータと対戦、波乱ともいえる試合展開で、苦しくも勝ち点1をゲットしました。

先制点は山瀬功治選手!!狩野選手からパスを受けると一気にドリブルで駆け上がりシュート一閃!!山瀬功治選手らしいゴールで先制に成功しました!!

2点目も山瀬功治選手!!後半9分、山瀬功治選手がドリブルでPA内に侵入すると相手DFのファウルを受けてPKをゲット。これを本人が左隅に決めて追加点!!これも山瀬功治選手らしいプレーによる得点でした!!

しかし、ここで試合の流れは一気に変わってしまいます。スコアは悪魔の2-0。過去、幾多の試合でこのスコアは波乱を呼び込んできましたが、三ツ沢にもその悪魔が降臨してしまいます。
2回連続で右サイドからのクロスを決められて同点、更に左サイドを突破されて遂に逆転を許してしまい、2点リードが一転して1点を追う展開になってしまいます。

このまま終わりかという後半ロスタイム、水沼選手のシュートが弾かれると、長谷川選手が詰めるもGKに弾かれてCKをゲット。GK榎本選手も参加するこのセットプレーで、弾かれたボールを後ろから兵藤選手が頭で押し返し、そのボールを長谷川選手が頭で繋ぎ、ゴール前に詰めていた松田選手がヘディング一閃!!意地の同点ゴールを奪うことに成功!!

しかし、反撃の時間はすでに無く、そのままタイムアップ。勝利を逃した大分トリニータ選手達はうなだれるように座り込み、兵藤選手はピッチを叩き悔しさを表現していました。

前半は攻守が噛み合って非常に良い内容だったのですが、2点先行したあとから急にペースダウンし、ボールを支配される時間が多くなってしまいました。これが油断からきたものなのか、相手の交代策が効いたのか、おそらく両方だと思われます。そして、長いトンネルから抜け出そうと必死になっている大分トリニータの選手達と比べると、時間経過によるメンタルの波が一転し、気持ちの面で押されてしまったのかもしれません。とはいえ、最後の最後で追いつくことができたのは、勝負強さがついてきた証拠だと思います。

非常に悔しいドローでしたが、こういう試合を経験し、選手達それぞれが何がいけなかったのかをまっすぐに見つめ、そして改善していくことで、更にステップアップしていくと思います。フォーメーション云々もそうですが、何だかんだでこの短時間でここまで熟成できるのだから、伸びしろは大きいし、もっともっと強くたくましくなっていくでしょう。

ナビスコカップは若手の登竜門ともいわれています。予選突破も大事ですが、できればスタメンで齋藤学選手を出して欲しいなぁ。何か大きな仕事をしてくれそうです。山瀬功治選手とのコンビネーションも面白そうです。

さてさて、次はアウェイでアルビレックス新潟と対戦です。ナビスコカップ予選はかなり厳しい状況になってしまいましたが、まだ可能性はあります。そのためにも残り2戦を落とすことはできません。中3日という厳しい日程ですが、キッチリ勝利して予選突破を目指しましょう!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。