So-net無料ブログ作成
検索選択

2007 Jリーグアウォーズ [横浜F・マリノス]

Jリーグアウォーズに行ってきました。初観覧です。


16:00頃到着。17:00受付開始なのにこの行列!
サポーター席は自由席なので皆さん気合入ってます。


行列はずっと続いています。うーん、甘く見てた…。
相方が昨年の状況を調べておいてくれてたので、一時間早く着くようにしたのですが…。


受付開始直前。あたりは暗くなってきました。






いよいよ開場!良い席をゲットしようとダッシュするサポーター達!
席は各クラブ毎に割り振られています。どうやら北から南へ順番に並んでいるようです。
我がマリノスは必然的に中央となります。
会場内には最終順位の順で各クラブのフラッグが左右に掲げられていました。

開始時間前には各チームのチャント(スタジアム撮り)が流され、同時にサポーター席がライトアップされました。それに応じて盛り上がる各サポーター席。我がマリノスの時は「オー、エフマリーノース…」が流れました。

…それにしても女性率が高かったなぁ。そのせいか、黄色い声援が会場内に響き、とても華やかな雰囲気になっていました。コアサポーターが集まってたらもっと殺伐とした雰囲気になっていたような気がします。


オープニングスタート!


カッコイイ映像と音楽


オーケストラによる演奏と歌


いよいよ選手入場!


我がマリノスからは中澤選手、山瀬功治選手、坂田選手、小宮山選手が登場!


そして優勝チームの鹿島アントラーズが晴れやかに入場。


坂田選手はフェアプレー個人賞を獲得!


小宮山選手が優秀新人賞を獲得、新人王獲得なるか!?

…ここでデジカメの電池が終了…失敗したぁ!
とはいえ、ココから先は特に撮るものが無かったので結果オーライ。。。
ということで、以下レポートです。

  • 坂田選手がフェアプレー個人賞を獲得!
  • 中澤選手、山瀬功治選手が優秀選手賞を獲得、ベストイレブンにノミネートされるも、獲得ならず
  • 小宮山選手が優秀新人賞を獲得、新人王にノミネートされるも、獲得ならず

うーん、山瀬功治選手は残念。競争が激しいMFでの受賞は正直難しいと思っていたのですが、やっぱり残念。
そして中澤選手。現時点で日本一ともいっていいCBなので受賞するかと思っていたのですが、何とも残念です。
小宮山選手、新人王は正直難しいかなと思っていたのですが、いざ菅野選手が選出されるとどうにもやるせない気持ちが…デビュー5年目で新人王って…。ま、イチローがメジャーで新人王獲ったのと同じなのかな。

そしてベストイレブン。この選出はどうにも納得がいかないです。
優勝したのは鹿島アントラーズなのに1人だけ?浦和レッズから5人も…?
DFのあの選手は怪我ばかりしてなかった?
MFのあの選手って浮き沈み激しくなかった?鹿島のMFのあの選手は?
FWは浦和のあの選手じゃないの?
ポンテ選手のMVPは納得ですが、授賞式に不在というのは…うーむ。

何だかんだで浦和レッズが主役だった印象の今回のアウォーズ。多少の不満は残りましたが、サッカーの専門化の方達が導き出した結果なので受け入れましょう。それにしても鹿島の扱いが優勝チームと思えないほど小さかったように思いましたが、リーグ戦の流れ(1度も首位争いしていない)からすると仕方無いのかなぁ。

ということで、来年の主役は横浜F・マリノスが頂きましょう!!


2007年全日程終了 [横浜F・マリノス]

総括っぽい事とか

  • とにかくプレッシングサッカーは面白い!選手全員が動き続ける組織的で攻撃的なサッカーはスタジアムで観ていると本当に面白かったです。
  • 走り負けしないチームになりました。相手がバテていても、マリノスの選手達は走り回っている印象があります。
  • 今年のマリノスは怪我に悩まされることが少なかったと思います。マリノスタウンという素晴らしい設備があってこそだと思われます。
  • 齋藤社長が就任した頃から、マリノスの企画関係が活発化したように見受けられます。推測ですが、保守的な体質から自由で革新的な体質に生まれ変わったのだと思われます。
  • しかし「補強に失敗した年」ともいえるでしょう。2007年に補強しながら契約更新しないと発表された選手は実に6人。これは普通の企業では考えられないような失敗の多さだと思います。

「面白い」そして「勝つ」サッカーは非常に難しいことだと思います。しかし、徐々にではありますが基盤は整いつつあるように見えます。今季は結果こそ振るいませんでしたが、築き上げた成果は本当に大きいと思います。

来期よりトップチーム監督に桑原監督が就任されると発表がありました。また、コーチ陣も大幅なテコ入れがされるとのことです。大幅な組織改革によってクラブ全体の活性化を図ろうというフロントの強い意図が見受けられます。これまでのマリノスは結束力の強化ということで監督やコーチをOBで固めてきましたが、組織としてみると色々な弊害が発生していたのかもしれません。新しく生まれ変わるためには、組織一新という大きな決断も必要になるかと思われます。
来期は大きな目標に向けてステップアップを図る年となるでしょう。柔軟で風通しの良い組織作り、そして本当に強くて面白いマリノスを期待します。
来年はどんなサッカーを私達ファンに魅せてくれるのか、今から非常に楽しみです!超頑張れ!横浜F・マリノス!

「この街には横浜F・マリノスがある」



■横浜F・マリノス戦績表 最終版■
==============================================
2007年 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦
-----------------------------------------------------------
01h 03/03 甲府 1○0    5
02a 03/10 横縞 0●1         10
03h 03/17 神戸 1●4           12
04a 03/31 広島 1○3       8
05h 04/07 柏レ 0●2  2       10
06a 04/14 磐田 1●0            13
07h 04/22 大分 5○0        9
08a 04/28 新潟 0○6       8
09h 05/03 川崎 2○1     5
10a 05/06 鹿島 1△1      7
11h 05/12 名古 0●2       
12h 05/20 東京 0●1           12
13a 05/27 浦和 1△1           12
14h 06/09 千葉 1○0           11
15a 06/16 清水 1△1          10 12

16h 06/20 ガ大 0△0         9 11
17a 06/24 大宮 0△0         910
18a 06/30 大分 0○3        8    12
19h 08/11 横縞 8○1      6      12
20a 08/15 川崎 1○2     5       12
21a 08/18 名古 0○3     5   
22h 08/26 広島 2△2      6   10
23h 08/29 磐田 4○1      6 
24a 09/02 柏レ 1●0       7
25a 09/16 ガ大 0○2      6  
26h 09/22 浦和 0●1      6   10
27h 09/29 大宮 0●2      6   10
28a 10/06 東京 2●1        8
29h 10/20 清水 0●2         9
30a 10/27 甲府 1△1         910
31h 11/10 鹿島 2●3          10 12
32a 11/18 千葉 2○3        8
33h 11/24 新潟 1○0        8   11
34a 12/01 神戸 0△0       7 
※グレーの数字は2006年の順位
-----------------------------------------------------------
2007年 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ
-----------------------------------------------------------
>>グループ
01h 03/21 大宮 0●1
02a 03/25 清水 2△2
03h 04/04 清水 2○0
04a 04/11 大宮 1△1
05h 05/09 柏レ 3○0
06a 05/23 柏レ 0●3
>>準々決勝
07h 07/08 東京 0●1
08a 07/14 東京 2○4
>>準決勝
09h 10/10 川崎 1●2
10a 10/13 川崎 4●2
-----------------------------------------------------------
第87回 天皇杯
-----------------------------------------------------------
4回 11/08 佐川 4○1 三ツ沢
5回 12/08 清水 5●3 桃太郎



齋藤社長が掲げた目標:

 ・ 挑戦者としてのリスタート
 ・ 更なる地域密着
 ・ 風通しの良いクラブ

 「2009年までにJリーグチャンピオン、
   2010年にはACLに出場、年間総入場者数100万人達成!」




トリコロールなクリスマスツリー [その他]

相方の母上様がとっても綺麗なクリスマスツリーを作ったので写真を撮らせてもらいました。
トリコロールのリボンが素敵です。



本当に綺麗なので、ちょっとクリスマスカード風に加工してみました。
こんな素敵なツリーを作れるなんてスゴイなぁ。




新年の準備 [マルチーズ]

来年はネズミ年なのでちょっと準備をしてみました。


ネズミの格好をしてみたでチュ~♪
…ライちゃんなんだかテンション低め。


あ、ライちゃん眠たかったのね(笑)


こむぎは元気でチュ~。


「チュ~♪」って…こらこら


まったりでチュ~。


こむぎはいつもシャキっとしています。


ライむぎは…あらら。



ライちゃん大あくび(笑)
モデル撮影お疲れ様でした。


[マリノス]vsヴィッセル神戸 [横浜F・マリノス]

2007年12月01日 第34節
ヴィッセル神戸 0-0 横浜F・マリノス
 

2007年Jリーグディビジョン1最終節はスコアレスドロー。勝ち点1を分け合った結果、順位を一つ上げて7位に浮上し今シーズンを終了しました。

  • 前半は攻勢、後半は守勢とゲーム内容の明暗がクッキリ分かれた試合でした。中澤キャプテンのコメント通り、前半は好調期のマリノス、後半は低迷期のマリノスを象徴していたと思います。今日のゲーム内容で無失点というのはとにかくよかったです。
  • PKを止めたり決定的なシュートを止めたり勇気ある飛び出しで相手の攻撃を防いだりと大活躍だったGK榎本哲也選手に拍手!

終わってみれば賞金圏の7位。決して満足できる結果では無いのですが、近年稀に見る面白いシーズンだったのではないでしょうか。よく「結果が全て」と言いますが、結果だけ求めるならばサッカーである必要はありません。今年のマリノスはサッカーの「面白さ」と「次への期待」を見せてくれたと思います。
さてさて、次は天皇杯、清水エスパルス戦です。リーグ戦の疲れがあると思いますが、気を引き締めてキッチリ勝利し、最高の場所へ向かいましょう!


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。