So-net無料ブログ作成

戦績表 [横浜F・マリノス]

■ 2008年 横浜F・マリノス 戦績表■

Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦
会場 日付 チーム 結果 順位
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18
01 H 日産 03/08 浦和 1 0
03

03












02 A 札幌 03/15 札幌 1 2
06 06
03












03 A カシ 03/30 鹿島 2 1 09


06





03





04 H 三ツ 04/02 F東 3 0 12
09



06









05 A 豊田 04/05 名古 2 0
12
09




06







06 H 日産 04/12 2 0

12








06




07 H 日産 04/19 清水 1 1


13



09








08 A 九石 04/26 大分 1 0



13

12









09 H 日産 04/29 千葉 3 0



16 13











10 A 国立 05/03 東V 3 2



16 16 16










11 H 日産 05/06 大宮 1 1




17 17 16









12 A 万博 05/11 ガ大 2 2





18 18


16





13 A 鴨池 05/17 京都 1 0







18

17





14 H 日産 06/28 磐田 0 1









18






15 A 等々 07/06 川崎 2 1








21
19
18



16 H 三ツ 07/13 新潟 0 1







22
22



18

17 A ホム 07/16 神戸 1 0







23 23




18

18 H 日産 07/20 鹿島 0 2






26


23


18

19 A 味ス 07/26 F東 1 1




29




23


19

20 H 日産 08/09 ガ大






32





26





21 A 日本 08/16 清水






35


29








22 H 三ツ 08/23 札幌







36


29







23 A NAC 08/28 大宮







39

32








24 H 日産 09/13 神戸








39










25 A エコ 09/20 磐田







42

35








26 H -- 09/23 川崎







42


35







27 H 日産 09/27 大分







42


36







28 A 東電 10/04 新潟









42 39








29 H 日産 10/19 名古










42








30 A 10/25










43 39







31 H 日産 11/08 京都











43
39





32 A フク 11/22 千葉









46









33 H 日産 11/29 東V









49

42






34 A 埼玉 12/06 浦和








50
45








表の見方
2008年
2007年
2006年 ※数値は勝ち点


ヤマザキナビスコカップ
会場 日付 チーム 結果 予選順位(Dグループ)
01 02 03 04
01 H 三ツ 03/20 大分 1 0 横(03) 宮(01) 新(01) 分(00)
02 A NAC 03/23 大宮 0 0 横(04) 分(03) 宮(02) 新(01)
03 H 三ツ 04/16 大宮 4 0 横(07) 分(04) 新(02) 宮(02)
04 H 三ツ 05/25 新潟 0 0 横(08) 分(07) 新(03) 宮(02)
05 A 九石 05/31 大分 2 2 横(09) 分(08) 新(04) 宮(03)
06 A 東電 06/08 新潟 0 1 横(12) 分(11) 新(04) 宮(03)
決勝トーナメント
01 A 金沢 07/02 ガ大 1 0 準々決勝
02 H 三ツ 08/06 ガ大


準々決勝
03

09/03



準決勝
04

09/07



準決勝
F

11/01



決勝

順位表 [横浜F・マリノス]

Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 順位表
順位
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18
01 03 03 03 03 03 01 01 01 01 01 01 01 01 00 00 00 00 00
02 06 06 06 04 04 04 04 03 03 03 03 01 01 01 01 00 00 00
03 09 07 07 06 06 05 05 04 04 04 04 03 03 03 03 01 01 00
04 12 10 09 08 07 07 06 06 06 06 05 05 04 04 03 02 01 00
05 15 13 10 09 09 08 08 08 07 07 07 06 06 04 04 03 02 01
06 16 15 12 12 11 11 11 10 08 08 07 07 06 06 04 04 02 02
07 19 16 14 13 13 12 11 11 10 09 08 08 07 07 05 05 04 02
08 19 17 16 14 13 12 12 12 11 11 11 10 10 08 08 07 07 02
09 19 19 18 17 16 15 14 13 13 12 11 11 11 10 09 08 07 02
10 20 20 19 18 17 16 15 15 14 14 14 14 13 12 11 09 07 02
11 23 22 20 20 18 17 16 16 15 14 14 14 14 04 12 12 07 02
12 26 23 20 20 19 18 18 17 16 16 15 15 15 14 14 14 10 05
13 26 26 23 20 20 19 19 19 18 17 17 17 16 16 15 14 10 08
14 26 26 25 25 24 23 22 20 20 19 18 18 17 17 17 16 10 09
15 29 28 26 26 25 24 23 22 22 21 20 19 19 18 18 17 11 09
16 31 29 29 28 26 25 24 24 23 22 22 21 20 20 19 18 14 09
17 32 31 29 29 29 26 26 25 25 25 24 23 22 20 19 18 15 10
18 34 32 32 32 29 29 28 26 26 26 25 23 23 22 22 18 16 10
19 35 33 33 32 31 30 30 29 27 26 26 24 24 23 23 19 16 13

[マリノス]vsFC東京 [横浜F・マリノス]

2008/07/26 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 第18節
FC東京 1-1 横浜F・マリノス (味の素スタジアム)

中澤選手がブログで宣言していたとおり、試合開始早々からアクセル全開の我らがマリノス。キックオフわずか4分、山瀬選手からのクロス(シュート?)に大島選手と坂田選手が同時に飛び込んで待望の先制点(大島選手のゴール)!!
しかし、そのわずか5分後に追いつかれ、試合は振り出しに戻ってしまいました。
前半早々から激しい攻守が展開され打ち合いの予感がプンプンする内容でしたが、スコアは動かず前半終了。
1-1で折り返した後半はほぼマリノスペース。同点なのになぜか引き気味の相手に対して豊富な運動量で激しい攻撃を展開しましたが、どうしてもゴールが奪えずに試合終了。内容ではマリノスが圧倒していただけに、惜しい惜しいドローとなりました。

  • 純国産の方が連携が上手くいくのかなぁと思ってしまう内容でした。特に大島選手、坂田選手、山瀬功治選手の三角形は素晴らしかったです。
  • リーグ戦での先制点は9節千葉戦以来です。しかも流れの中で決めれたのは大きいですね。さらにFWがゴールしたというのも大きいと思います。これがきっかけとなれば…。
  • 失点の原因は味スタのピッチです。
  • 山瀬功治選手のミドルシュート、田中隼磨選手のアーリークロス、河合選手のオーバーヘッド、大島選手のバー直撃弾、水沼選手のミドルシュートなどなど、多彩な攻撃を見せるようになり、ゴールへの強い意識が感じられるようになってきました。
  • それにしても審判のジャッジには不満を感じました。流れを簡単に止めすぎだし、ファウルの基準がよくわかりませんでした。せっかくの好ゲームだっただけにちょっと悔やまれます。
  • 300発の花火はスゴイですね。その様子はTVでちょっと映っただけなのでよく解りませんでしたが、FC東京の恒例行事だそうで、なかなか粋なことをしますね。300発かぁ…日産スタジアムでもやってほしいなぁ。

とにかく連敗を脱出したマリノス。試合内容も今後にかなり期待ができます。特に運動量はハンパじゃないですね。相手に走り勝つことができれば、確実に勝利を手にすることができるでしょう。順位的にはかなり厳しいですが、まだまだこれからです。次こそ確実に勝利して、マリノスの「V字回復」に期待しましょう!!


反撃開始 [横浜F・マリノス]

toppo.jpg

さぁ、反撃開始!

戦績表 [横浜F・マリノス]

■ 2008年 横浜F・マリノス 戦績表■

Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦
会場 日付 チーム 結果 順位
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18
01 H 日産 03/08 浦和 1 0
03

03












02 A 札幌 03/15 札幌 1 2
06 06
03












03 A カシ 03/30 鹿島 2 1 09


06





03





04 H 三ツ 04/02 F東 3 0 12
09



06









05 A 豊田 04/05 名古 2 0
12
09




06







06 H 日産 04/12 2 0

12








06




07 H 日産 04/19 清水 1 1


13



09








08 A 九石 04/26 大分 1 0



13

12









09 H 日産 04/29 千葉 3 0



16 13











10 A 国立 05/03 東V 3 2



16 16 16










11 H 日産 05/06 大宮 1 1




17 17 16









12 A 万博 05/11 ガ大 2 2





18 18


16





13 A 鴨池 05/17 京都 1 0







18

17





14 H 日産 06/28 磐田 0 1









18






15 A 等々 07/06 川崎 2 1








21
19
18



16 H 三ツ 07/13 新潟 0 1







22
22



18

17 A ホム 07/16 神戸 1 0







23 23




18

18 H 日産 07/20 鹿島 0 2






26


23


18

19 A 味ス 07/26 F東







29




23





20 H 日産 08/09 ガ大






32





26





21 A 日本 08/16 清水






35


29








22 H 三ツ 08/23 札幌







36


29







23 A NAC 08/28 大宮







39

32








24 H 日産 09/13 神戸








39










25 A エコ 09/20 磐田







42

35








26 H -- 09/23 川崎







42


35







27 H 日産 09/27 大分







42


36







28 A 東電 10/04 新潟









42 39








29 H 日産 10/19 名古










42








30 A 10/25










43 39







31 H 日産 11/08 京都











43
39





32 A フク 11/22 千葉









46









33 H 日産 11/29 東V









49

42






34 A 埼玉 12/06 浦和








50
45








表の見方
2008年
2007年
2006年 ※数値は勝ち点


ヤマザキナビスコカップ
会場 日付 チーム 結果 予選順位(Dグループ)
01 02 03 04
01 H 三ツ 03/20 大分 1 0 横(03) 宮(01) 新(01) 分(00)
02 A NAC 03/23 大宮 0 0 横(04) 分(03) 宮(02) 新(01)
03 H 三ツ 04/16 大宮 4 0 横(07) 分(04) 新(02) 宮(02)
04 H 三ツ 05/25 新潟 0 0 横(08) 分(07) 新(03) 宮(02)
05 A 九石 05/31 大分 2 2 横(09) 分(08) 新(04) 宮(03)
06 A 東電 06/08 新潟 0 1 横(12) 分(11) 新(04) 宮(03)
決勝トーナメント
01 A 金沢 07/02 ガ大 1 0 準々決勝
02 H 三ツ 08/06 ガ大


準々決勝
03

09/03



準決勝
04

09/07



準決勝
F

11/01



決勝



[マリノス]vs鹿島アントラーズ [横浜F・マリノス]

2008/07/20 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 第18節
横浜F・マリノス 0-1 鹿島アントラーズ (日産スタジアム)

DSCF1665.jpg
トリコロールランドは大盛況!夏ですね~!
また今回もワルノス一味を見るとができませんでした…。もっと早い時間に行かないと会えないのかなぁ。
ちなみに、ワルノス一味に会わなくなってからマリノスがリーグで勝ってないです…。次は早く行ってワルノス一味に会うぞ!!

DSCF1669.jpg
ステージ上ではフラダンス!

DSCF1684.jpg
夏休み最初のナイトゲームということもあり、約34000人が観戦に訪れました。
(画像をクリックすると大きい画像が開きます)

DSCF1682.jpg
さぁ、今日こそ連敗脱出だ!

DSCF1705.jpg
奮闘かなわず。それでも、熱戦を演じた選手達には、ファン&サポーターからは声援と拍手、そして「イダレオー」のチャントが発せられました。

DSCF1711.jpg
さぁ、前を向いて次こそ勝利を!!


夏休み最初の試合ということもあり、久々に3万人を超えた日産スタジアム。どうしても勝利がほしい我らがマリノスでしたが、猛攻かなわず黒星をまた一つ積み上げてしまいました。

ロニー、ロペスの両外国人を外し、純国産で試合に挑んだ我らがマリノス。試合開始早々からマリノスがペースを掴み、幾度か良い形でチャンスを作っていましたが、まさかのロングシュートで失点、さらにパスカットからのカウンターで失点を重ねてしまいました。それでも試合のペースはマリノスが掴んでいましたが、猛攻実らず前半終了となりました。後半になると相手は守備陣系となり、ボールを支配するもなかなか攻撃の形が作れずに苦しい時間帯が続きましたが、清水選手、金井選手、大島選手と次々に選手をピッチに送り出すと、ようやく流れがマリノスに傾きました。しかし、しかし、それでもゴールを奪えない。山瀬功治選手の至近距離からのシュート、終了間際の松田選手のシュートなど、ビッグチャンスがありましたが、どうしてもゴールネットを揺らすことができず、無情の笛を聴くことになりました。

敵陣に近づくにつれて人もボールも中央に集まるのはちょっと勿体無いなぁと思いました。ワイドに展開して相手のDFを振り回すような動きがあるといいなぁと思いました。とにかく、サイドのスペースがガラ空きなのに、中央へボールを集めて結局奪われるかクリアされる、という場面が多かったように思います。

坂田選手の裏へ飛び出す動きは良かったと思います。こういう攻撃の形は作れるのだから、もしマリノスにマルキーニョスのような個人突破型のFWがいたら3点くらいは獲っていた様な気がします。

速いパスに対する対応の質が低い様に感じました。大抵の場合、捌ききれずに打ち上げるか、対応できなくてそのまま出し手に返すか、最悪ボールロストしてしまうことが多い様に思いました。ああいう速いパスをうまく捌けたら、もっとチャンスが広がるのかなぁと思います。

とにかく、試合内容は確実に良くなっています。あと少し、あと一押しです。決して悪い内容ではなく、むしろ良い形ができつつあるのですから、下を向くことはありません。下を向いてしまうと勝利の女神も機嫌をなおしてはくれないでしょう。前を向いて、ポジティブに、元気よく、そして次こそ勝利を!!次こそトリパラ&コーヒールンバを!!


[マリノス]vsヴィッセル神戸 [横浜F・マリノス]

2008/07/16 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 第17節
ヴィッセル神戸 1-0 横浜F・マリノス (ホームズスタジアム神戸)

山瀬功治選手がFW登録だったり、山瀬幸宏選手や水沼選手が今季初スタメンだったり、ほぼレギュラーだった田中隼磨選手がベンチスタートだったりと、木村新監督初采配となった今節は試合開始前からビックリでした。
これが新監督の手法なのか荒療治としての布陣なのかは数試合を消化してみないと解りませんが、殆ど固定スタメンだった今までに比べると新鮮であることは確かです。

しかし、慣れない布陣&メンバーのせいか、前節のシュート24本という超攻撃的な勢いも失せてしまい、どうも全体的にチグハグな印象を受けました。
とはいえ、フレッシュなメンバーを積極的に起用していくというのはとても有意義なことだと思います。監督が交代したばかりなのでまだまだ意思の疎通が図れていないと思いますが、ある程度試合をこなしていけば、若手選手たちは頼もしい戦力となることでしょう。


[マリノス]vsアルビレックス新潟 [横浜F・マリノス]

2008/07/13 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 第16節
横浜F・マリノス 0-1 アルビレックス新潟(ニッパツ三ツ沢球技場)

DSCF1571.jpg
ウォームアップ時、選手を鼓舞する多数のゲーフラが掲げられました。

DSCF1609.jpg
12,400人が試合を見守ります。(画像をクリックすすと大きい画像が開きます)
いつもと違う、ピリピリした雰囲気がスタジアムを包み込んでいます。

DSCF1617.jpg
さぁ、気合十分!!

DSCF1644.jpg
試合終了後、拍手と声援で選手達を迎えるファン&サポーター。


監督の進退が掛かった今節。順位は暫定16位。異様な雰囲気の三ツ沢。
前半開始早々から攻めるマリノス!鋭いカウンターを喰らっても物怖じすることなくとにかく攻め続けるマリノス!しかし、前半終了間際にCKで痛い痛い失点…。
後半は虎の子の1点を守ろうと完全に自陣に引きこもった相手に対して怒涛の攻撃!幾度と訪れるビッグチャンス!しかし、しかし、どうしてもゴールが奪えない…。

完全に試合を支配したマリノスでしたが、勝利の女神は機嫌を損ねてしまったらしく、なんとも悔しい結果となってしまいました。
うーん、本当に惜しかった。今回放ったシュートは実に26本!ポスト&バー直撃弾も4本ほどあり、まさに数センチを争う死闘でした。

試合終了後、ブーイングや怒号が起こるかと思ったのですが、一部スポーツ新聞で煽られたような抗議行動は一切起こらず、三ツ沢を埋めたファン&サポーターからは拍手と声援が送られていました。そう、それだけ面白い試合内容だったし、選手達の「闘志・ひたむき」を感じることができました。そして、あの拍手と声援は本当に苦しいときに何が必要なのか、ということをファン&サポーターが示したのだと思います。正直、感動しました。

フロントには300通の監督解任要求メールが届いたと報道がありました。また、ネット上の某掲示板や監督や選手のブログ、ファン&サポーターのブログなどでも不信感を露にする内容の投稿が目に付きました。そのような記事を見て少し不安を感じていたのですが、あの三ツ沢の大きな拍手と声援を聞いて安心しました。やはり大多数のファン&サポーターは心からマリノスというチームを信じ、マリノスのサッカーを精一杯楽しんでいるんだなぁと改めて感じました。
サッカー観戦を楽しみ、勝ち負けを楽しみ、ピンチやチャンスに一喜一憂し、精一杯努力した選手達に「次も頑張れ」と拍手を送る。ああ、これこそがマリノスのファン&サポーターなんだ、と改めて思いました。スポーツを楽しむ、クラブを応援するとはこういうことなのでしょう。

今節は今年のテーマである「闘志・ひたむき」が十分に伝わってくる試合内容でした。あとは結果のみです。そして、今こそ3つ目のテーマである「復活」を実現するときです。
次こそ勝利!勝利!!勝利!!!

-------------------------------------------

昨日ついに桑原監督の解任が発表されました。成績不振とのことですが、正直言って残念です。ここ数試合、結果は出ていませんが確実にステップアップしてきていると思います。今となっては何ともいえないのですが、このままいけば現在のスタイルをベースにどんどん強くなっていくような気がしていました。この新潟戦で見せてくれた試合内容はその答えの一つだったような気がします。
桑原監督ってなんだか阪神を指揮したときの野村監督みたいだなぁと思います。それまでの生え抜きの人材が中心だった現場体制を一新して就任したというところも似ているような気がします。すぐに結果が出ずにメディアやファンから厳しくバッシングされていたのも似ている気がします。まさに「今は種を撒く時期」ということを行っていたのでは、と思います。
私達は試合でしか判断できないので、結果が出ていないとどうしても厳しく見てしまいがちですが、私達の見えないところでは、確実に選手達の基礎力を高めることに尽力していたのだろうと思います。ポゼッションを重視した戦術も、一つ一つの課題をクリアしていく上で重要だったのでしょう。改革とはリスクを伴いますが、まさに今がその時期であり、長いスパンでのチーム作りをテーマに、その先にある栄光を見据えていたのだと思います。
監督はブログで「現場以外の所で一枚岩になれなかった。」と書かれていました。これはマリノスというチームを取り巻く環境、そして我々ファン&サポーターのことを指しているのではないかと思っています。

桑原監督、今はお身体を休めて、新生マリノスの「闘志・ひたむき・復活」を見守ってください。
本当にお疲れ様でした。


[マリノス]vs川崎フロンターレ [横浜F・マリノス]

2008/06/28 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 第15節
川崎フロンターレ 2-1 横浜F・マリノス(等々力陸上競技場)

早い時間に先制されるも、前半終了直前に山瀬功治選手の素晴らしい超絶FKで追いついたマリノス。後半も豊富な運動量で攻め続け、相手の鋭いカウンターに耐えるも、なかなかゴールを奪えず。そして一人少ない状況で向かえた後半ロスタイム、CKのクリアボールを押し込まれ試合を決められてしまいました。

うーん、詰めの甘さといえばそうなのですが、まるでジャンケンで負けたような負け方です。勝負は時の運といいますが、前半後半ともに良い形で攻めることが出来ていただけに、まさに運が悪かったとしか言いようが無いですね。


なかなか勝ちきれない試合が続く我らがマリノス。波に乗り切れない、といった感じですね。ココ最近の低迷を受けてか、一部の新聞報道などでは監督解任論なども囁かれ始めています。うーん、プロである以上、結果が出ていなければ仕方の無いことだと思うのですが…ちょっと時期尚早な気もします。

シーズン当初に桑原監督が課題として挙げていた「失点は1以内に抑える」はほぼ達成しています。これは地味ですがスゴイことだと思います。あとはもう一つの課題である「2得点以上」を達成するだけです。

今一番つらいのは選手達だと思います。こんなときだからこそ、桑原監督にはプロの指導者としてはもちろんですが、ときには父親然として、若い選手達が下を向かないように、明るくポジティブにチームを導いてほしいと思います。そういった魅力(指導力)が桑原監督にはあるように思います(あくまで推測ですが…)。
今の方向性を信じ、苦難を乗り越えてチームとして成熟していけば、マリノスがスペイン代表のような華麗なポゼッションサッカーを魅せてくれる日がやって来ると思います。

今は苦しいときです。なかなか勝ちきれない歯痒い試合が続き、ファン&サポーター達もやり切れない気持ちでいっぱいだと思います。でも、だからこそ勝利したときの喜びはひとしおだと思います。

リーグは相変わらず団子状態です。低い順位でもまだまだ上を狙えます。さぁ、連敗したなら連勝しましょう!!次は是非とも勝利の喜びを!!!


こむライ日記 [マルチーズ]

パイナッポーなライむぎ
IMG_5996.jpg
み…耳がなんか変よ…

IMG_5994.jpg
ちょんまげ?パイナッポー?

IMG_5985.jpg
うーん…どうしましょ…

IMG_5999.jpg
とりあえず寝るわ…


セレブなライむぎ
IMG_6001.jpg
どう?似合うかしら?

IMG_6014.jpg
もへ~


2匹抱っこ
IMG_6019.jpg
しあわせ~♪


くつろぐ2匹
IMG_6052.jpg
今日はとても暑かったので部屋はクーラーが効いてます。
2匹ともシャンプーしたばかりなので真っ白でフワフワです。

IMG_6028.jpg
こむぎはソファーでくつろぐのが大好きです。

IMG_6041.jpg
ちょっと暑がりなライむぎも、こむぎと一緒にくつろいでます。

IMG_6050.jpg
優しい顔のこむぎ。
でもものすごく「やんちゃ」です。

IMG_6040.jpg
可愛らしい顔のライむぎ。
でもものすごく「いたずら好き」です。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。